【インタビュー】将来は国際的な組織で働くことを目指しているみおさん!

f:id:nextgeneration_japan:20200614232047j:plain

今回は、廣田みおさんを紹介いたします。廣田さんは、留学の経験があり、日本に帰ってからもその経験を無駄にしたくないと思いこの活動に参加しました。そんな彼女が、この団体に関わり、何を感じているのか。ぜひ、最後までお読みください!

この活動に関わるきっかけは?

トビタテ同窓会でこのプログラムについて紹介されていたので、興味をもちました。もともと、異文化理解の向上や語学力アップという目的で留学をしていたので、日本に帰ってからも留学の経験を無駄にしたくはないと思い参加したいと思いました。

実際にどんなことをしているのですか?

始めは参加者としてVirtual Student Exchange* に参加しました。実は、メンバーの中でこのプログラムに参加した回数は一番多いと思います。(笑)

その後、プログラムリーダーとして立候補し、カンボジアの高校生とのプログラムを実施しました。

活動の中で印象に残っていることを教えてください

カンボジアの男の子と1对1でお互いの国についてプレゼン形式で紹介しました。カンボジアのデパートやAEONが有名なことなどについて知ることができました。海外の人はとても明るくて優しい!自分の流暢でない英語なども最後まで聞いてくれて対応してくれて嬉しくて話しやすかったです。

このプログラムを経験して、積極的になりました!外国人と話す時、以前は戸惑っていたりスムーズに自分の言いたいことを言うことができなかったのですが、このプロジェクトのおかげで自分から話題を振ることができたりジョークで笑ってもらえたりと嬉しいことがたくさんありました!

身近な人で、憧れの人は誰ですか?

母です。毎日家事をして仕事をして全部こなせていて忙しいだろうに凄いなって思っています。勉強と部活の両立が私にとっては難しかったので母を尊敬しています。母のおかげで部活も最後まで続けることができ、母のような人になれるように頑張ります!

リーダーに必要な資質は、何だと思いますか?

何かハプニングが起きても冷静に対応できることだと思います。カンボジアとの交流では、ネット接続が悪くメンバーを待っている間の時間に何もできませんでした。辻さんにお話をしてほしいと言われるまで自分からは何もできませんでした。アイスブレイクなどを待っている間にできたと思うので、そういう時でも対応力のある人になりたいと思います。

将来の目標は?

国際連合のICT部門やNPO団体で働きたいと思っています。

将来の目標を達成するために、必要だと思うことは何ですか?

異文化理解や積極性が必要になってくると思います。海外の方と仕事をしたいと思っているので異文化理解はもちろん当たり前、積極性に欠けない能力を身につけたいです。1番はやっぱり英語力が必要になってくると思うで、このプログラムを通じて自分のスピーキング力やリスニング力を少しでも伸ばしたいです!

運営メンバーから一言

フットワークが軽く、自分から積極的に活動に関わってくれています。インタビュー中にもありましたが、プログラムへの参加率は1番ではないでしょうか。でも、活動をがむしゃらにこなしたいというより、純粋に交流を楽しみたいという気持ちが溢れています。気が付かないうちにパートナーの人とInstagramを交換しているぐらい、短時間で仲良くなれるところが素晴らしいです。

 

MioさんのInstagramはこちら

f:id:nextgeneration_japan:20200614125006j:plain

 他にも魅力的なメンバーがたくさんいます!

www.takamaru.tokyo

 終わりに

私たちは、このように他の国と日本の子供たちを繋ぐ活動を行っています。もしよかったら、Twitterのフォローをよろしくお願いします!

www.takamaru.tokyo